「第14回中国西部国際博覧会」にて福島県のPRを行いました

 福島県上海事務所は10月23日(水)から10月27日(日)まで成都世紀城新国際コンベンションセンターにおける「第14回中国西部国際博覧会」に参加し、福島県関連企業とともに福島県の伝統工芸品の販売PRを行ったほか、本県の復興状況説明、食品の安全性確保の取り組み等について紹介しました。

 さらに中国・四川省と日本福島県の震災復興のシンボルとして、四川省を代表するジャイアントパンダと、「どんな苦難からも必ず這い上がる」という精神の宿った、会津地方民芸品の起き上がり小法師のコラボレーション商品である「起き上りパンダ」を成都市の子供たちに贈る贈呈式を行いました。

~起き上がりパンダ贈呈式の様子~

イメージ