震災後初 中国から小学生が福島県を訪問!!

東日本大震災から4年が経過しましたが、先日中国のハルビンから小学生総勢160名に本県を御訪問いただきました。中国から教育旅行の一環として小学生が福島県を訪れるのは、震災後初めてとなります。

一行は、2グループに分かれ、それぞれ7月8日と14日に本県に宿泊しました。今回の滞在は、新潟県や山形県を訪れながら、関東方面へと抜けるコースでした。

本県では、四季の里、霞ヶ城公園等を訪れるとともに岳温泉に宿泊していただきました。宿泊先では盛大な歓迎を受け、参加した小学生の皆さんはとても喜んだ様子でした。

中国市場については、福島県上海事務所が中心となり、本県の正確な情報発信に努めています。今回のツアーを皮切りに、今後更に本県の実情を中国方面で御理解いただくとともに、更に多くのお客様に本県を御訪問いただけることを願っています。震災後初となる中国からの小学生の団体旅行の本県訪問について、御尽力・御協力いただいた方々に感謝申し上げます。

(暑い夏、「四季の里」でくつろぐ訪問団の子供たち1)

四季里01.jpg

(暑い夏、「四季の里」でくつろぐ訪問団の子供たち2)

四季里02.jpg

(温泉旅館での夕食)

哈尔滨小学生夕食.jpg

(地元新聞の報道)

news.jpg01.jpg

福島県は、皆様の御来訪を心よりお待ちしています!!

イメージ