未来の国際企業人 上海へ派遣

将来の福島県のものづくりを担う人材を育成するため、県内の事業所に就職が内定している県立技術専門校生、県立工業高校生の6人が、12月2日から5日間の日程で上海市に派遣されました。滞在中は、上海事務所のほか、日系企業の工場を訪れ、「世界の工場」といわれる中国の生産現場を視察したほか、同世代の中国人工員たちと仕事に対する考え方や日ごろの生活などについて意見交換を行いました。

20071206高校生ミッション派遣.jpg
2007年12月6日
福島県上海事務所