中国から教育旅行253名が福島県を訪れました

中国上海市から3つの小学校(うち一つの学校は2班に分けての訪問)と、湖北省から2つの高校(合計253名)が教育旅行で福島県を訪問し、フルーツ狩り、アクアマリン、鶴ヶ城、牧場等、県内の観光地を訪問し、福島県内の学校と交流した他、一般家庭にホームステイをしました。

学校交流では、日本の生徒・学生と交流し、日本側の歓迎ぶりに感動していました。また、ホームステイでは日本の家庭を体験し、受入家族と別れるときには、帰りたくないと涙を流す姿が見られました。


イメージ